ブラックリストの消し方ってある?

ブラックリストから消す方法はないかもブラックリストに載ってしまうと、今後日頃から利用している金融業者から追加の借り入れを出来なくなるだけではなく、他の金融業者からの信頼も無くなってお金を借りることが困難になってきます。

そんなときに思うのが「ブラックリストから自分の情報が消えたらな?」ということですよね。

正直な話一番なのは一回も事故を起こさずにブラックリストに載らないようにすることなのですが、なってしまったことは仕方ありません。

ブラックリストとは

ブラックリストとは、信用情報機関にある信用情報という情報が傷ついている状態のことを指します。この状態は、ローンなどの延滞や遅延、債務整理を行なったと言った場合に信用情報にその事例が記載され、信用が著しく損なわれた状態になります。

この状態になると新規ローンやクレジットカードの利用は一切できなくなり、生活が非常に不自由になります。

 

自分で消すことはできないが…

結論から言うとブラックリストから自分の情報を消す方法?はちゃんとあります。但し、すぐには消えるかというとそれはほぼ無理だと言えますが・・・。

というのも、私たちの信用情報は国が指定する個人信用情報機関によって管理されています。個人情報機関は「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」の三つがあり、それぞれで共有しています。
 

一定期間で消える

そしてその個人情報機関で管理されている私たちの信用情報の中で、ブラックとされる事故情報は一度作られたら永遠に残るというわけではないのです。

下記の期間を過ぎるとブラックリストからは消えると考えてください。

全国銀行個人信用情報センターなら延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年
CICなら延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年
日本信用情報機構なら延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年

基本的に一度ブラックリストになってしまうと最低5年、自己破産の場合には最長10年間、この状態が続きます。もちろんこの情報を外部から操作して消すと言うことは、どんな手段を使っても不可能です。

ですからブラックリストの情報を消してくれるというのは真っ赤なウソだと言えますね。唯一、間違った情報でブラックリストになってしまった場合は、本人申告という手段で訂正することが可能になっています。

これはカードなどを盗まれて不正利用されてしまい自分では気が付かない間にブラックリストになったといったケースで、自分の借金でブラックになっていない人が利用できる方法です。

こういった特殊なケース以外にはリストの情報を消すことは出来ないと考えてください。